アマゾンギフト券で有効期限が切れそうなものはどうしたらよい?切れてしまったら終わり?

アマゾンギフト券には有効期限があり、それを守らないと使用できない仕組みになっています。

有効期限というと数カ月から数年と短いものなのかな、と考えますが、現在のギフト券では発行したときから10年となっておりかなり長めです。

有効期限が切れてしまったときに再度使える方法や、切れそうなものをうまく利用したい場合、どうしたらよいのでしょうか。

アマゾンギフト券は現在は有効期限は10年と大変長いのですが、2017年4月ごろ以前のものは1年だったり、種類によって違ったりもします。

自宅に眠っているギフト券は使えなくなる前に、使いやすくすることはできたり、切れてしまっていても再度使えるようにすることは可能です。

アマゾンのカスタマーセンターに電話する

アマゾンのギフト券は、有効期限が切れてしまっていてもカスタマーセンターに連絡すると、期限を延長してもらうことが可能です。

延長期間は一年となっており、一度しか適用されませんが、使えないと思っていたものが使えるようになるのは大変助かることです。

そもそも使わない為に余ってしまっていたギフト券ですが、またそのまま自宅に保管しておくと、また期限が切れてしまう可能性もあります。

ですから、一度延長したのなら早めに使ってしまう方が良いです。

アマゾンでは日用品などさまざまな取り扱いがありますので、普段買っているものをネットで購入してみてもよいです。

有効期限が切れそうな状態なら、そのまま換金ショップにもっていく

アマゾンギフト券は取り扱いが多いギフト券ですので、換金ショップにもっていけば現金に変えてもらうこともできますし、そのまままた有効期限の長いアマゾンギフト券を購入することも可能です。

換金率は高いところを探す必要がありますが、流通が多い商品ですので割と高く買ってもらえる可能性も高くなります。

注意点としては換金すると、譜面通りの金額ではなくなり、一部分は利益として換金ショップに差額としてひかれることとなります。

ですから利用者は多少損をする仕組みなりますので、少しでも無駄にしたくない人はやはり早めに使ったほうが良くなります。

ただアマゾンギフト券の有効期限を長くしたい、という面では活用したい方法です。

期限が切れる前に金券ショップに売りに行く

アマゾンギフト券はあくまでアマゾン内で買い物をするときに使います。

期限を延ばしたり、換金して新しいものを購入しても、使わない場合もあります。

このようなときは、最初に換金をして現金にしてした方が使い道はあります。

現金になりますので、アマゾンでなくてもどこでも買い物ができるようになります。

ただこれも譜面通りの金額にはならないで、利用した業者に利益として差額が引かれることになります。

しかしながら、使い道のないアマゾンギフト券をいつまでももっていても無駄になるだけですので、使わないことを決めたのなら現金に換金した方がお得です。

アマゾンギフト券は有効期限が切れてしまっても、一度だけでしたらカスタマーセンターに電話することで有効期限を長くすることはできます。

この延長期間は一年になります。

また、アマゾンギフト券は流通の多いギフト券ですので、換金ショップや金券ショップをうまく利用して現金に変えたり新しいギフト券を購入することで有効期限を延ばすことは可能です。

アマゾンで買い物をするときに使うアマゾンギフト券は、使わない可能性が高い場合現金に変えたほうが使い道は増えます。

自宅に眠らせて置いても無駄になるだけでしたら、早めに現金に変えてしまうのが有効に使うことができる方法となります。

Posted by AMAKAITORIDEOKANE