使い道の広いamazonギフト券はプレゼント用として活用されるケースも多い

amazonギフト券は、通販サイトのamazonユーザーであれば、誰でも便利に活用できます。

一般的にはamazon内の買い物に利用するケースが多いですが、それ以外にも様々な使い道があります。

個人がプレゼント用として、友人や知り合いに渡すことも可能です。

また、法人が特典用にamazonギフト券を活用しているケースも目立ちます。

amazonギフト券は個人宛の電子メールで送付することもできるため、簡単に渡せるメリットがあります。

企業のサービスを申し込んだ際にamazonギフト券を賢くもらう方法と、その使い道について知っておくと得をします。

ユーザー数の多いamazonで活用できるメリット

通販でamazonを利用している人は非常に多いため、商品購入に利用できるギフト券は、受け取り側にとって現金と同じ価値があります。

amazonで販売されているほとんどの商品に、ギフト券は利用可能です。

ユーザーは現金の持ち出しなく商品を購入したり、割引価格で買えるメリットがあります。

また、amazonプライム利用者の会費としても使えます。

もらって嬉しいものであるだけに、これをプレゼント用に活用している場合も多いです。

自社の商品やサービスを利用した特典として、企業側が独自に設定した額のamazonギフト券をプレゼントすることで、マーケティングにつなげているケースもあります。

購入特典を付けることで、自社サービスに登録を促す積極的な働きかけができます。

私自身も、金融会社などに口座開設した際に、amazonギフト券をもらった経験が何度かあります。

電子メールタイプで送られてくることが多く、ただ待っているだけでもらえる便利さを感じました。

ギフト券を電子メールで受け取る場合の注意点

企業がプレゼント用としてamazonギフト券を個人に渡す場合には、500円、1000円、2000円など様々な価格帯があります。

もちろん企業側にとっては、ギフト券購入のコストはかかります。

しかし、ギフト券を上手に活用することで新規顧客の開拓につなげることができればメリットは大きいです。

amazonギフト券を受け取った側は、amazonの自分のアカウントを開いて登録画面より番号を登録しておくだけで利用ができます。

但し、ギフト券をメールで受け取った実体験から感じた注意点があります。

アカウントにギフト券の番号を登録し忘れて、そのまま利用せずに終わってしまうことがある点です。

amazonギフト券は10年間の有効期限があるものの、自分で番号をアカウント内の画面に登録する必要があります。

今すぐギフト券を利用しない場合は、すぐに登録する必要性を感じにくいです。

メールをそのままにしてしまい、ギフト券をもらったことすら忘れてしまう可能性があります。

忘れないために速やかに番号登録しておく

送付されたamazonギフト券を、次にamazonで買い物をする際に確実に利用するためには、速やかに番号登録しておくことが適切です。

もちろん事前に登録しなくても、買い物をする時に登録すれば使用できますが、事前登録をしておけば忘れる心配はありません。

個人でamazonギフト券をもらう場合も同じです。

実物タイプのamazonギフト券は問題なくても、電子メールタイプのものはメールボックスに埋もれてしまう可能性に注意が必要です。

実物タイプと違って、電子メールタイプは最も簡単な手続きで相手に渡せるメリットがあります。

そのため、企業や個人がこのタイプのamazonギフト券をプレゼント用として利用するケースは多く、扱い方のコツをつかんでおくと便利です。

電子メールタイプのamazonギフト券は、送料がかからないため、送り手側のコスト削減にもなります。

スマホで送ることもできるため、スムーズな送り方が可能です。

実物タイプでは、カードタイプや封筒タイプなど様々なものから選択できます。

企業にとっては、少額から高額まで対応できるamazonギフト券は、特典として幅広い使い道ができるメリットがあります。

受け手にとっては、億単位の商品群のあるamazonで利用できるギフト券であるため、使用するチャンスが多いです。

Posted by AMAKAITORIDEOKANE