amazon以外でも使える!意外と知られていないamazonギフト券の3つの使い道!

友達からもらったり、昔買ったものが残っていることが多いamazonギフト券ですが、使い道に困っていませんか?

「amazonで買い物する予定も無いし、何か他の使い道があれば知りたい!」

そんな方に向けて意外と知られていないamazonギフト券の使い道を紹介します。有名なamazonのサービスに使ったり、困っている人に寄付して役に立てることも可能です。さらに気になる換金方法についても取り上げます。

amazonギフト券の有効利用を考えている方は是非、読んでみてください。

amazonプライムの支払いに使う

amazonギフト券は超コスパサービス「amazonプライム」の支払いにも利用できます。

もし高額のギフト券を持っているならamazonプライム1年分の料金(約5,000円)を一括で支払うことも可能です。一括で払えば2ヵ月分安くなります。少額のギフト券しか持っていない場合は30日間の無料体験期間を終えた後のマンスリー契約がオススメです。500円のギフト券なら、さらに1ヵ月だけamazonプライムを継続できます。

amazonプライムに加入すれば配送時間の指定や、豊富な動画コンテンツ、セール期間の特別価格や優先購入など豊富な特典があります。ギフト券が余っているなら一度入会してみることをオススメします。

被災地に寄付する

知っている方は少ないですがamazonでは自然災害で被害を受けた九州地方などに寄付することができます。

100円から寄付できるためカードタイプのギフト券であれば問題無く利用可能です。余っているamazonギフト券を少しでも社会の役に立てたいと考えているなら是非オススメの使い方と言えます。

寄付はamazon payを使って行われます。そのため、amazonギフト券を利用する場合は事前にamazon payにチャージしておくのを忘れないでください。チャージすればギフト券に書かれた金額がamazon payで利用できるようになります。アレクサをお持ちの方はギフト券をチャージした後に「アレクサ、赤十字で義援金〇〇円寄付して」と話しかけることで寄付できます。

寄付は日本赤十字社を介して行われます。他の団体を選択することはできません。

Amazon payが利用できるサイトで使う

amazon payはamazonに代金を支払うことで外部ショッピングサイトで買い物ができるサービスです。amazon payを導入しているインターネット通販サイトや実店舗であれば、ギフト券をamazon payチャージすることで支払いに利用できます。

これまではamazonギフト券をamazon以外のサービスで利用できなかったため、仕方なくamazonでの買い物に使っていましたが、amazon payを利用すればその制限は無くなります。

2020年11月時点でamazon payを利用できる通販サイトは「アディダス」「コジマ」「ドスパラ」「FOD」「出前館」など数多くあります。飲食から家電まで幅広いジャンルで使えるためギフト券を自分の好みに合わせて活用できます。

買取業者に売却して現金を手に入れる

どうしてもamazonギフト券の使い道が思い付かない場合は現金化するのも選択肢のひとつです。amazonギフト券には有効期限がありますから、時間を気にせずに活用するなら現金に換えるのが一番です。

ギフト券を現金に換えるにはネットの買取業者を利用します。以前は実店舗でも買取をする業者がいましたが最近はめっきり数が減って大都市でしか目にしなくなりました。そのため業者を使ってギフト券を現金化するならネット一択です。

換金率の相場は85%~90%です。換金するギフト券の額が上れば換金率も上るのが一般的です。少しでも高い換金率を望むならギフト券を集めてから申し込みましょう。

amazonギフト券の使い道に迷ったら現金化して様子を見る

amazonギフト券の使い道は豊富です。amazon以外の通販サイトでも使えますし、2020年6月からは全国の郵便局で郵便物の支払いに使えるようになりました。

時間の経過とともに使い道の広がるamazonギフト券ですが、使い道がなければ現金に換えてしまうのがオススメです。記事で説明しましたが期限がくるとギフト券は使えなくなります。換金率は90%弱ですが0円になるよりいいでしょう。

amazonギフト券は需要が高いし様々なシーンで役立ってくれます

Amazonのギフト券には様々な種類があり、コンビニエンスストアやショッピングセンターで購入できるもの、インターネット上のみで購入できるものがあります。

贈る相手に合わせて金額やデザインを選無ことができたり、自分自身のためにギフト券を購入することも簡単です。

またAmazonギフト券は買取ショップで買取もして貰えるので、持っているだけで様々なシーンで役立ちます。

大手インターネットショッピングサイトであるAmazonには、ギフト券と呼ばれている大変便利なアイテムがあります。

ギフト券はカードタイプやボックスタイプ、商品券タイプやシートタイプがあるので、それぞれの需要に合わせて選ぶことができます。

中でも一番人気があるカードタイプは、セブンイレブンやミニストップなどのコンビニエンスストア、イオンやイトーヨーカドーといった大型ショッピングセンター、サンドラッグやクリエイトSDなどのドラッグストア、ドン・キホーテやTSUTAYAといったショップで購入することができます。

また、Amazonのショッピングサイトから購入することができるデジタルタイプのギフト券もあるので大変な人気です。

Amazonショッピングサイトで購入できるギフト券

Amazonのショッピングサイトでは、お客のニーズに合わせた沢山のギフト券が取り揃えられています。

まずはEメールタイプのAmazonギフト券です。

Eメールやショートメール、SNSでギフト券がシェアできるタイプなので、わざわざお店に出向く必要が無かったり、贈る相手にも気を遣わせず気軽に贈ることができます。

そしてギフト券のデザインを選んで贈ることのできる印刷タイプは、使用用途や贈る相手に合わせることができるので便利です。

さらに希望の金額をチャージして贈ることのできるチャージタイプも細かく金額を設定できるので大変人気があり需要も高いです。

プレゼントとして贈りたいAmazonのギフト券

大切な人に贈るプレゼントとして一番オススメしたいのが、ボックスタイプのAmazonギフト券です。

セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニエンスストア、GEOやTSUTAYAなどのレンタルビデオショップでも取り扱われているギフト券で、可愛らしいデザインが最大の特徴です。

ショップの什器に並べられて販売されていますが、オリジナルのギフトボックスが付いたタイプなので、贈り物にはピッタリです。

こちらはバリアブルと呼ばれている金額を指定するシステムになっているので、指定された枠内の金額であれば、贈る相手に合わせて自由に金額を指定することができます。

Amazonギフト券は贈るだけではなく他の使い方もできます

Amazonギフト券を使用する際は、Amazonのアカウントに登録する必要があるので忘れないようにしましょう。

登録することでショッピングをした際に簡単にギフト券を使うことができます。

登録さえしておけば、ショッピングをした商品にギフト券の残高分が自動で適用されるので大変便利です。

Amazonギフト券はその需要の高さと人気の理由から、買取の場面でも活躍してくれます。

もしも自宅に使わないAmazonギフト券がある場合、現金が欲しいけどAmazonのギフト券しか持っていない場合もamazonギフト券はその能力を発揮してくれます。

金券を取り扱っている買取ショップ等では、Amazonのギフトカードを高い換金率で買い取ってくれますので、もしもの際や現金が必要な時にも役立ちます。

amazonギフト券はプレゼントとして贈る、贈り物として貰うだけではなく、他にも様々な使い方ができるのが特徴です。

例えばクレジットカードは持っていないけどAmazonでショッピングを楽しみたい。

代引きで商品を購入するのは嫌。

そんな時は自分自身のために現金でAmazonギフト券を購入しましょう。

ショップの什器から購入したり、指定した金額をチャージすることが可能なので大変便利です。

また現金が必要な際にも買取アイテムとして高い需要があるので、常に所持しておくと便利です。

Amazonギフト券はどんなシーンにも役立ってくれるアイテムです。

Posted by AMAKAITORIDEOKANE